手間をかけずに季節を楽しむ庭を作る

手間をかけずに季節の花が咲く庭を作ろうと思ったら、球根植物と宿根草が最適だと思います。

どちらも一度植えたら、基本的には翌年も翌々年も芽を出し花を咲かせてくれます。球根は掘り上げて保存した方がいいものもありますが、そのままにしても大丈夫なものを選べば手間がかかりません。土地や気候が合えば、ほったらかしでも大丈夫な球根は結構あります。

球根植物は、春に咲く物や夏に咲く物などいろいろあるので、取り混ぜて植えておくと年中花を楽しめますね。

初春のスイセン、春のチューリップやムスカリ、クロッカス、シラーカンパニュラ、夏のダリア、グラジオラス、シラン、秋のユリなどが手間も少なく花を楽しめます。

宿根草だと、クリスマスローズが人気が高いですね。ちょっと日蔭になるところでも大丈夫なので、建物や木の陰にクリスマスローズが植わっていることが多いようです。クリスマスローズはしっとりした雰囲気のある植物で、クリスマスローズがあると落ち着いた一角になりますね。

これらに加えて、新緑や花がきれいなユキヤナギなどがあれば、手間のかからないけれど季節を楽しめる庭は結構簡単にできるのではないかと思います。

たまに宅配ピザが食べたくなります

時々、無性に宅配のピザを食べたくなります。

子どもの頃、親戚が集まったり友達が集まってパーティーをしたりするときによくとってもらっていました。ピザはたくさんの人が集まる時のごちそう、というイメージがあって、余計に美味しい印象が強いんですよね。

たまに食べたいなぁと思ってチラシを見るのですが、ピザは意外に高いです。一枚2000円くらいはします。一人で食べたとしたら1枚も食べきれないくらいだろうから、そう思うと高いわけでもないのですが、2000円・3000円という単価は高く感じてしまいます。

おうちまでバイクで届けてくれるので、人件費も結構かかるんでしょうか。チーズも日本では高価ですしね。ヨーロッパ旅行に行ったとき、現地のスーパーでチーズが豊富に安く売られていて羨ましいと思いました。モッツァレラチーズが日本の豆腐のような感覚で日常的に食べる安い食材として売られていました。

以前、引越す前に住んでいた町では、1枚500円のピザを売る店が近所にありました。有名宅配ピザよりもあっさりとしたピザだったけれど、結構美味しかったです。むしろ、薄いパリパリの生地の上にピザソースとチーズ、サラミがちょっとのっているだけのシンプルなピザのほうが好きだったかも。

引っ越してしまって同じ店で買えないのが残念です。

ながら家事、掃除は部屋が綺麗に保てる

通常の家事や掃除以外の家事や部屋の整理などをする時には音楽を聴きながらやります。毎日仕事から帰ってきてするのであまり長い時間やると次の日の仕事が辛くなります。そのため音楽を聴きながらやりその一曲が終わったらやめるという感じにしています。大体、一曲が3分から5分くらいなのでちょうどいい感じです。さすがに3分の曲だとお割り切らないのできりがいいところまですることはあります。

それを毎日続けていると意外に部屋を綺麗に保つことができます。ながら家事や掃除で部屋を綺麗に保つことができるとわかるようになって、仕事が忙しい時は特にやるようにしています。家事は一気にやろうと思うととても面倒に思えてしまいます。そのためちょこちょこやる方が私としては面倒に感じず、気軽に取り掛かることができるのです。また、テレビを見ながらダイレクトメールの整理などテレビの前でできるような雑務をやったりしています。簡単なものは毎日やっているので休みの日にどうしても時間がかかるものや衣替えなど季節ごとの家事や掃除をやるようにしています。