あるマッサージ店がチラシ配りで教えてくれたこと

ある駅の近くにマッサージ店がオープンしました。駅の近くに立地はしているものの、ちょっと入り込んだ場所のため、認知されにくい状況です。またマッサージ店は飲食店や小売店とは違い、気軽に入れる類の店ではないため、駅の近くとはいえ集客は簡単ではありません。

そういう状況の中、その店の従業員は毎日店頭でチラシを配りました。私もそうですが、チラシを受け取る人はほとんどいませんでした。

それから数年が経過しても、その店の従業員はチラシを配り続けています。相変わらず受け取る人は少ないですが、店はそれなりに繁盛しているようです。

チラシなどほとんどがゴミ箱行きで、効果がないと思われがちですが、繰り返し継続していくことで、効果が出てくるといいます。それは、チラシの内容といったことではなく、長きに渡って配り続けるという行為によって、その店に対する尊敬の念が生まれ、警戒感が薄れていくという効果だということです。

確かに毎日通るところでずっと同じ人がチラシを配っていたら、その人の顔も覚えてしまい、受け取ってしまうようになります。まさに継続は力なりということでしょう。

恋の悩みを相談するための電話占いをする

この恋は本当に成功するのか、それとも運命の人は別にいるのか、恋というのは本当に難しく、いらいらし、思うようにならないと感じることがあります。好きだけど相手が本気なのかどうかわからなかったり、だらだらとした付き合いになってしまうと、余計に前に進める勇気やタイミングがなかったりして、中途半端になってしまうこともあります。そんなときに誰かに恋の相談をしたい、でもいったいどこに相談すればいいのか、信頼できるそうしたことを話せるような友達も特にいないし、という状況だと一人で悩み続けてしまうかもしれません。

そのような時にお勧めしたいのが電話占いというものです。とっても気軽に電話ができて、恋の相談をすることができますし、そのための費用もリーズナブルですのでそれほどの負担にはなりません。そして話すことで自分の気持ちを整理することもできるようになるかもしれません。とはいえどこの電話占いの評判のいい業者を利用するのかということに関しては慎重であるべきです。せっかくお金を支払い勇気を持って電話をかけたのに、思うような反応をしてくれなかったり、将来の運勢が悪いものといわれてしまってはがっかりでさらに落ち込んでしまうかもしれません。それで口コミでしっかりとチェックしてみて、実際に利用をしてみた人たちが満足できたとか、よく話を聞いてくれたといったコメントが多い業者、またしっかりと対応してくれた業者を選ぶことができるかもしれません。

恋がしたい!大人の出会いの場ってどこ?

大人になると出会いの数は減ってきますよね。遊ぶ友人も限られてきますし、職場では同じ人としか関わらないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回、私が経験した男女の出会いの場をご紹介したいと思います。

・社会人サークルでの出会い

今は様々な種類の社会人サークルがあります。男性が参加できる料理教室や、スポーツサークルなど、

初心者でも参加しやすいものが多いです。なにか共通のことをやっていると会話も自然に生まれるので、

新しい出会いに繋がりやすいです。私はフットサルサークルに参加したことがありますが、ほとんど初心者でも楽しむことが出来ました!優しく教えてもらえますし、その後食事に行ったりもして自然と交流を深めることが出来ました。交際に発展することも多いようなので、おすすめです!

・居酒屋やバーでの出会い

居酒屋やバーのカウンター席に座ると、常連の方と仲良くなることがあります。他愛もない話をしていたら意気投合するなんてこともあるので、話しかけられたら仲良くなってみましょう。私は居酒屋で知り合ったおせっかいなおじさんに男性を紹介してもらったことがあります。既婚者の方だったのでお断りしたのですが、不倫を楽しんでみるのもよかったかな、と少し後悔しています。普段は接点のない人と知り合えるので、大胆になって冒険してみるのも良いかもしれませんね。

いかがだったでしょうか。大人になると出会いの場は少なくなりますが、積極的に外に出かけていけば新鮮な出会いがあります。ぜひ出会いのチャンスを掴んでみてくださいね。

復讐という言葉が意味するものは何か

代行サービスといっても様々なものがあります。買い物代行、運転代行、掃除代行などです。

普段身近に代行として頼んだことがあるものは、掃除の代行くらい。

お酒は好きであるが、運転の代行は頼んだことはありません。それは事前に飲むときは運転しないという決まりが自分の中であるからです。

今回は復讐代行について。自分のルールや決まりではどうにも解決できない悩みであるからこそ、

代行という手段として頼むのかもしれません。では、果たしてこの代行がどこまで成功すれば、復讐ということを代わりにしてもらったと納得できるのでしょうか。納得して代行してもらうためには、事前の話や取り決めが必要になります。自分ではない他の人に頼むという事は、予期せぬことも想定するべきであると思います。それが代行の良さであり、代行という手段であると思います。

復讐したいほど一体何があったのか。それは人にはわからない部分です。他の人からみたらなんでもないことかもしれません。しかし、本人にとってはとてもつらく、悲しいことである場合もあるのです。

それを代わりに代行してくれること、それが復讐代行という手段であると思います。

サービスやビジネスは、需要と供給で成り立っています。誰かの役に立つこととそれにより、ビジネスとして成り立ち利用する人がいるから、ビジネスという事業になります。

需要と供給の世界が、一つでなくそこに関わる人やモノが様々であるからこそ多様性な環境と社会が成立しています。

一人ひとりが異なるように、考え方や価値観も異なります。それが良いのか悪いのかは、法律という制度が補ってくれます。自分の力ではどうにもならない事、それだけの知識がなく、どうしていいかわからないこともあります。弱い立場であるから何もできない事もあります。

復讐代行という考え方が、どういう経緯で言葉として生じているかはわかりませんが、少なくともそれを必要としている誰かがいるのかもしれません。誰かに何かをするという手段としてではなく、行き場のない思いを聞いてもらえる一つの方法や環境、そういう意味での場所の一つとして、法律に守られた範囲で、公序良俗に反しない考え方であれば、代行という考え方の中に一つ入るのかもしれないと思いました。

料理を作ってストレス発散しました

今日は、おうちで自炊デーにしました。いろいろ作りたいと思っていたのに、いままでやってこれなかったのでストレス発散になりました。まずはおでんを作ったのですが、こちらはおでんのタネがあったので、すぐに作れました。大根ではなくて、カブを使ったので、火を通すのもそんなに時間がかからず楽でした。たまにはこんな風に作るのもいいかなって思いました。

それから、チーズソース味のグラタンを作りました。こちらは普通のホワイトソースとは違い、チーズの味がするのでかなり濃いチーズを味わえる感じでよかったです。とろけるチーズもたっぷりのせたので、カロリー的には高かったと思うのですが、それも今日は気にしないでおこうと。

好きなものを作って、好きなものを食べたので大満足です。今日はデザートとしてシュークリームも買っておいたのでそれを食べて元気をチャージしようと思います。ごはんを作りきったので、夜も時間ができてよかったです。今後の目標を考えたいと思っていたので、夜はドラマでもみながらゆったりとした時間を過ごそうと思ってウキウキしています。