クレジットカードの特典について

クレジットカードの優待特典についてですが、これにはたくさんの特典があります。

最近では、こういった特典などを理由として、クレジットカードを作成する方も増えています。特典があればそれだけお得に買い物が出来ますし、さらに入会するだけで、現金がもらえるというようなものもあります。

クレジットカードの特典で特に喜ばれるのが、ポイント優待特典です。クレジットカードの種類によっては、ポイントを1万円分もらえることなどもあり、考え方次第では、1万円分の現金をもらうことが出来るのと同じになるのです。

また、ギフト券、商品券がもらえるもの、特定のお店で、割引になるものもあります。この場合も、かなりお得な価格で買い物が出来るので、とても魅力的です。

また、入会時だけではなく、実際にカードを持つようになってから利用できる特典も魅力です。たとえば、海外旅行の付帯サービスなどは海外旅行が趣味の方にはとてもメリットが大きくなります。

かっこいいクレジットカードのデザインは?

クレジットカードは会社のよってデザインが異なりますが、中にはかっこういいデザインのクレジットカードも見かけたりします。かっこいいデザインのクレジットカードを使用して支払いをしていると異性からも一目置かれる事が多いです。そこでかっこういいクレジットカードのデザインの特徴を挙げていく事にしましょう。

・黒一色

かっこういいクレジットカードのデザインは基本的にシンプルです。特に黒一色のクレジットカードだと仕事が出来る人が持っているクレジットカードというイメージが強くなるのでかっこいいデザインという声がよく聞かれます。

・シンプルなシルバー

クレジットカードは高級感があるデザインもかっこいいです。高級感があるデザインで思い浮かぶのはゴールドになりますが、ゴールドカードになってしまうので限られた人しか作れません。しかしシンプルなシルバーのデザインは一般のクレジットカードもあるのでかっこいいという声がよく聞かれます。

かっこいいクレジットカードのデザインは黒一色とシンプルなシルバーが挙げられるので選んでみるといいでしょう。

税理士の仕事内容とは

お金に関する悩み、特に税金に関する悩みに遭遇したときは税理士に相談するとよいと言われるものですね。しかし税理士という職業があることは知っていても、具体的にどのようなことをするのが仕事なのか知識がないため、自身の悩みを相談してよいかわからないと思うこともあるでしょう。

税理士とは税に関する様々な知識を持ち合わた税のプロフェッショナルです。税務官公署に提出すべき申告や届出などを代理してくれたり、確定申告など税務書類の作成をしてくれたりといった税に関する様々なことを行うのが仕事です。

具体的にどのようなことをしているのかというと、最も身近なのが税務代理でしょう。確定申告、青色申告の承認申請などは比較的お世話になっている方も多いかと思います。申請だけでなく確定申告書や青色申告承認申請書の書類を作成してもらうことも可能で、確定申告以外にも税務署に提出する書類の作成を行っています。パソコンを利用して確定申告ができるe-Taxというものがありますが、こちらを利用した申告書の代理送信業務も受けており、パソコンが苦手な方の手助けとなってくれるでしょう。

税務調査の立会いや、税務署が下した決定に不服があるといったときなどに申し立てを行ってくれることもあります。

このように税に関する様々なことを代理として行うの税理士の仕事です。また、税金に関してわからないことがあれば相談に応じてもらうことも可能なため、税金の払い過ぎなど困ったことがあっても事前に手を打つことができるでしょう。

この他にも会計業務など財務に関する業務も行っています。会社の会計帳簿を見せることで経営計画の助言をもらうなど、企業の経営をサポートする一面も持ち合わせているのです。

そんな税理士は全国様々なところで仕事をしています。恵比寿 税理士などの都会だけでなく地方にも多いため、自身が住んでいる地域に相談できる税理士がいるか調べておくのも良いでしょう。ホームページをもっている税理士事務所なども多く、それらを纏めて検索できるようにしているホームページなどもあるため活用してみると良いかと思います。

有事の際に焦らないように個人企業問わず、税に関する悩みができたら相談できる税理士を見つけておくのも大切かもしれませんね。

相続について考えてみる

亡くなった人が残した遺産を、受けとることが相続ですが、相続できる親族の範囲は限られています。

遺産相続といっても、法定相続人であっても、相続出来ない場合があります。

民法に相続の優先順位があり、その順位で遺産相続が決まります。ただし、配偶者は必ず相続人になれます。

遺産相続は、一般的には、亡くなった方の遺産を、その配偶者や子供、孫が相続することをいいます。

亡くなり遺産を相続される方が「被相続人」、遺産を受け取る方が「相続人」です。

被相続人が亡くなると、遺産の全てが、相続人に相続されます。

法律上の手続きをしなくても、被相続人が亡くなったことさえ知らなくても、相続人への相続は開始されます。

相続人が複数の場合は、遺産分割が決まるまで、勝手に遺産を相続することはできません。

相続では、遺産の分割を相続人全員で、話し合って決めるべきですが、この話し合いで、よく揉めるそうです。

仲の良かった兄弟や親族が、遺産相続のために喧嘩になるのは、亡くなった方も望んでいないでしょう。

多くの遺産がある方は、生前に、遺産相続の書類、遺言書を残しておくべきだと思います。

そして、税理士か、弁護士か、司法書士か、信頼のおける人に預けておくべきです。

故人が決めた遺産相続なら、相続人たちも納得するしかないでしょう。

相続放棄診断ができるweb siteなどもあるのでチェックしておきましょう。

本来の相続人が事情があり遺産を相続できない場合、その子供や孫が相続することを代襲相続といいます。

受け取る財産よりも、借金の方が多い場合は、相続放棄する方が多いです。

故人に多額の借金があった場合、遺産相続すると、借金まで相続してしまいます。

子供が親の借金を払ってあげたくて相続する方もいますが、親の借金の内容が、払ってあげたい内容では無い場合は、相続を放棄する方も多いです。

昔からの家業を継ぐために、長男が土地、建物を全て相続し、他の兄弟は相続を遠慮する場合もあります。

他にも、親の老後の生活費に充ててほしくて、子供が遺産相続を放棄する場合もあります。

相続を放棄する場合は、家庭裁判所に「相続放棄申述書」を、相続できると分かった日から、3カ月以内に提出する必要があります。一度、相続の放棄が許可されると、取り消すことは難しいです。

過払い金の返還請求で無駄に返済したお金を返してもらおう

任意整理の手続きと過払い金の返還請求を行えば、それまで無駄に返済したお金を返してもらうことができます。そもそも、過払い金というのは本来ならば債務者から債権者に対して返済しなくても良い余分なお金を渡していることを意味しますので、法律的な手続きを行えば比較的簡単に返還してもらうことができます。

過払い金は、法律的には少額融資に関して導入されていた二つの金利と利息の法律によって生じたグレーゾーンと呼ばれる金利のゾーンのトラブルのことを一般的には意味しています。通常は、どのような融資であっても適用される法律は一つに限定されているのですが、一昔前の少額融資に関してはまだ法律的な整備がきちんと行われていなかったという事情もあったのです。その結果、少額融資を提供する会社の自由な選択によって、出資法と利息制限法という二つの法律が利用されるに至りました。出資法と利息制限法で問題だったのは、両者の上限金利に明確な差が生じていたことにあります。少額融資でお金を貸す会社としては、当然金利を高く設定したほうが月々の利息をより高く請求することができるわけですから、より貸金業者の取り分が多くなるように出資法と利息制限法の上限金利の違いを上手く利用したわけです。こうして支払わなくてはならなくなった金銭が、いわゆる過払い金というお金なのでこの金銭を貸金業者が受け取る法律的な根拠は非常に曖昧です。

このような背景をみると、過払い金問題が法律的な手続きによって容易に返還してもらえることはわかるはずです。そもそも、過払い金に関しては法律的な根拠が薄いので、返還請求をされると貸金業者の方もその対応に必ず追われることになります。過払い金の発生要因、つまり金利や利息に関するトラブルについては既に貸金業法の改正によって解決するに至っていますが、法律改正前に行われた過払い金の問題に関しては未だに返還してもらえるということを知らずに放置している人も少なくありません。しかし、過払い金はなるべく早い段階で返還請求を行わないと必ず債務者が損になってしまうトラブルなどで気づいた段階で最寄りの弁護士に相談することが重要です。これは、過払い金の返還請求の権利そのものに対して時効が適用されるためです。時効が適用されると時効が成立した後に返還請求をしようと考えてもできなくなりますので、その点だけは気を付けて素早く対応するように心がけましょう。

10年ぶりにボーリングに行ってきた

今日は同僚の誕生日祝いで、ランチのあとギター演奏でバースデーソングをみんなで歌い、その後オーナーさんお手製のケーキを食べた。オーナーが作るケーキは相変わらずおいしい。今日のケーキには食べられる花が乗ってた。

食べてみたが、、花はあんまり美味しくなかった。その後、久々にボーリングに行くことになった。車二台に大人7人プラス3歳の子供の大移動。久しぶりのボーリング、私は相変わらずめちゃめちゃ下手だった。3歳の子供は、滑り台のようなボールを乗せるだけでスルッとボールが流れる器具を使っていたが、その子の方が私より上手だった(笑)。

隣のレーンのおじさんが私にいろいろどこを狙って投げた方が良いよとかアドバイスしてくれたけど、結果的に私はそのおじさんには一回目は勝った。だけど二回目はおじさんは圧倒的な延びで130出していて、負けた。トータルでは私はスコア50くらいでダントツのビリだった。どうやったら上手くなるんだろうとボーリングに行く度に思うが、結局次に行く頃には忘れているのだ。楽しい1日だった。

自己破産の手続きにあるメリットデメリット

自己破産と言う手続きには多額な借金を抱えてしまっても全てゼロになると言う自己破産のメリットがあります。

借金の返済にもう頭を悩まさなくて済むのです。

借金がゼロになれば当然貸金業者からの取立も無くなります。

きちんと登録している正規の貸金業者では厳しい取立を行うと言った事は殆ど無いですが、

一部の悪質な貸金業者では精神的に追い込むような厳しい取立を行う事があるのです。

しかし自己破産後は取立に悩まされる事のない生活が待っています。

実際には自己破産の手続きが全て終了しなくても、裁判所に自己破産の申立を行い受理された段階で取立は出来なくなります。

自己破産は借金がゼロになる代わりにデメリットが大きいです。

マイホームは差押えされるため、家族と一緒に住んでいる場合は家族に迷惑をかけてしまいます。

99万円以上の現金や20万円以上の預貯金や株券、ゴルフ会員権、生命保険の解約返戻金、マイカーなども差押えされてしまいます。

連帯保証人になって貰っていると一括請求が行ってしまい迷惑をかけてしまいます。

連帯保証人には事前に自己破産するしかない事を十分に説明し理解を求めて下さい。

自己破産すると国が発行する機関紙である官報に記載されます。

官報を見ると言う個人の方は殆ど居ないのでそれ程大きなデメリットでは無いですが、これを見た悪徳な貸金業者からダイレクトメールが届く事があるため注意が必要です。

差押え出来る財産を持っている場合、財産の隠匿を防止するため裁判所の許可なく勝手に引っ越ししたり、長期間旅行する事が出来なくなります。

許可申請すれば認めて貰える事がありますが必ず認めて貰える保証は無いです。

さらに破産管財人に郵便物の中身は見られてしまいます。

自己破産してから7年間は再度自己破産出来ませんので、その後にお金に困らないようにする事が必要です。

もしお金に困ってもブラックリストに最長10年と長い期間掲載されているため借りるのは困難です。

弁護士や司法書士、質屋、代理人、警備員など一部の職業や資格で就けなくなります。

破産手続開始決定から免責許可の決定までの数か月間ではありますが、その間に収入が途絶えかねないです。

デメリットがたくさんありますが、最後の手段として自己破産と言う手続きが残されている事を知っておくと経済的に破たん状態となった時に安心感が違います。

逆に言うと自由財産については残せますので、困った時は一度弁護士に相談してみて下さい。

男性側も離婚時に弁護士を付けるべき

女性が離婚する場合のことについては情報が多く出ていますが、意外と男性については少ないものです。特に子供の親権などは女性側になってしまうことが多く、男性に不利だといわれています。そのため、有利に話し合いや裁判を進めていくためには周到な準備が必要になります。

そこで、男 離婚 弁護士に相談して準備を進めていきましょう。不利になりやすいからこそ専門家の関与が必要になるのです。特に当人同士で話し合いが難しいような場合、修復が不可能なようなら早めに弁護士に相談しておくのが良いでしょう。その時点で集めておくべき証拠や準備しておくべきことを早めにつかんでおくことによって、その後の進め方が変わってくるためです。女性に比べて男性は日中ほとんど仕事で時間がないことが多いため、相談しづらいこともあります。そのため、早めにスケジュールをやりくりして相談しておきましょう。

調停までなら本人でもできますが、裁判となると本人だけでは難しくなります。しかし、調停の時点でも自分の伝えるべきことを伝えられるかどうか不安な場合はそこから弁護士に入ってもらうこともできます。調停は基本話し合いではありますが、やはり損をしないようにするには法律的にきちんと主張し、確認しておくべきこともあるのです。その後裁判に移行する可能性が高い場合は、調停段階から弁護士にかかわってもらうようにしたほうが状況をつかんでもらいやすくなり手続きがスムーズに進みます。

消費者金融の評判を検索してみました

お金は天下の周り物という言葉がありますが、そうはいってもいざという時に貯金が無いのは辛いものです。特に自分は派遣社員という身なのであまり月収が多くないので、それで生活費などもカツカツになってしまうことがよくありました。そんなわけで消費者金融などを考えてみる時期があったのですが、ちょうどその時というのが病院に結構お世話になったというか短期の入院があった月であり、それの支払いをしてしまうとお金や生活費が足りなくなりそうだということが借りようとした理由でした。

消費者金融に関しては街頭で配られるティッシュなどやCMとかである程度は知っていたのですが、やはりカジュアルになったといっても借金は借金なので必要でないのならば離れているのがいいとは思っていました。ですが今回の状況に関してはそうも言ってられないことになったので、それでネットのまとめブログや消費者金融の口コミと評判ランキングなどを調べて出来るだけお得になる消費者金融を探そうということになりました。最近の消費者金融に関してはまったく知らなかったのですが、やはり評判が良いお店というのは審査がとても速くて即日になるのが良いそうですね。また即日審査の後は即日融資までしてくれるのが人気が高いというお店でもあり評価が軒並み良いみたいです。後面白いとおもったサービスには無利息期間というものがあって、大体は一か月ほどなのですがその期間までなら無利息で借りれるということで、一か月の給料の範囲内で返せばかなりお得になるみたいですね。さらにはこういた消費者金融に関しては最近だとインターネット上で申し込みが出来るようであり、こちらもインターネット上で借り入れをする際にはインターネットバンクを使えたり振り込みサービスを使えるそうなのが便利で評判が良いみたいです。自分もそういった手軽さが良いなと思ったので、こちらのインターネット上で申し込みが出来る消費者金融を選びましたが、やはり一時間ほどで結果が来たのには驚きました。結果的には派遣社員でも無事に借りれましたが、そういった職業でも安定した月収があれば借入できるのが消費者金融の強みでしょうね。お陰様でその月は無事にこせましたので現在では返済を頑張っています。

債務整理の為に専門家をランキングで探す前に知っておきたい事

借金の返済に困って債務整理を考えた時、弁護士や司法書士に依頼をすることがあるでしょう。しかし、普段から弁護士や司法書士と話す機会がある人は中々いませんから、選び方が分からない人も多いはずです。

そんな時に、ネットの評判であったり債務整理ランキングを参考にして選ぶ人も少なくないでしょう。

しかし、評判やランキングを参考にする前に知っておいて欲しいことがあります。それは、債務整理を考えた時、弁護士に依頼するのと司法書士に依頼するのでは違いがあるという事です。

ランキングや評判を参考にする時にも、まずはこの両者の違いについてしっかりと把握しておきましょう。

債務整理には、任意整理や民事再生、自己破産など複数の種類があります。弁護士は、どの債務整理をする場合であっても債務者の代理人となる事が可能です。

しかし、司法書士の場合は任意整理以外では債務者の代理人となる事は出来ないのです。

また、任意整理の場合であっても全てのケースで司法書士が代理人となれるわけではありません。1社あたりの経済利益が140万円を超える依頼では、代理人となる事は出来ないのです。

140万円を超えない任意整理以外では、司法書士は代理人ではなく書類作成のみを行う事が出来るのです。

このように、弁護士と司法書士では債務整理によって出来る事が違いますからそれを念頭においてランキングや評判を見ていきましょう。

例えば、自己破産をしたいと考えている時に、司法書士のランキングや評判を参考にしても代理人となってはもらえません。自己破産の際の代理人となって色々と動いてもらいたい場合は、弁護士のランキングサイトをチェックする必要があるのです。

また、債務整理に関して法律に関するアドバイスや相談をしたい場合も、選ぶべきは法律の専門家である弁護士です。書類の作成や140万円未満の任意整理の場合は、弁護士よりも比較的費用の安い司法書士のランキングを参考にしたりすると良いでしょう。

このように、債務整理のため専門家に依頼する時には、まず弁護士や司法書士の違いを抑えた上でランキングや評判を参考にすることです。債務整理もどんな専門家に依頼するかによってスムーズに完遂する事が出来るかどうかが変わってきます。