税理士の仕事内容とは

お金に関する悩み、特に税金に関する悩みに遭遇したときは税理士に相談するとよいと言われるものですね。しかし税理士という職業があることは知っていても、具体的にどのようなことをするのが仕事なのか知識がないため、自身の悩みを相談してよいかわからないと思うこともあるでしょう。

税理士とは税に関する様々な知識を持ち合わた税のプロフェッショナルです。税務官公署に提出すべき申告や届出などを代理してくれたり、確定申告など税務書類の作成をしてくれたりといった税に関する様々なことを行うのが仕事です。

具体的にどのようなことをしているのかというと、最も身近なのが税務代理でしょう。確定申告、青色申告の承認申請などは比較的お世話になっている方も多いかと思います。申請だけでなく確定申告書や青色申告承認申請書の書類を作成してもらうことも可能で、確定申告以外にも税務署に提出する書類の作成を行っています。パソコンを利用して確定申告ができるe-Taxというものがありますが、こちらを利用した申告書の代理送信業務も受けており、パソコンが苦手な方の手助けとなってくれるでしょう。

税務調査の立会いや、税務署が下した決定に不服があるといったときなどに申し立てを行ってくれることもあります。

このように税に関する様々なことを代理として行うの税理士の仕事です。また、税金に関してわからないことがあれば相談に応じてもらうことも可能なため、税金の払い過ぎなど困ったことがあっても事前に手を打つことができるでしょう。

この他にも会計業務など財務に関する業務も行っています。会社の会計帳簿を見せることで経営計画の助言をもらうなど、企業の経営をサポートする一面も持ち合わせているのです。

そんな税理士は全国様々なところで仕事をしています。恵比寿 税理士などの都会だけでなく地方にも多いため、自身が住んでいる地域に相談できる税理士がいるか調べておくのも良いでしょう。ホームページをもっている税理士事務所なども多く、それらを纏めて検索できるようにしているホームページなどもあるため活用してみると良いかと思います。

有事の際に焦らないように個人企業問わず、税に関する悩みができたら相談できる税理士を見つけておくのも大切かもしれませんね。