両親の離婚を見届ける

昨年、両親がいわいる熟年離婚をしました。

その時に娘として、全ての事に関わり、一連の様子を見て見届けました。

その時の話をまとめました。

母から離婚をする事になりそうだと聞いたのは2年弱前のことでした。

我が家は一番下の弟が当時は大学生でしたが、最終学年でして、学費も納め終わっていたので、学費の面での不安がなくなったので、その事も母が離婚に踏み切るきっかけになったんだと感じました。

父は特に浮気や不倫をしたわけではありませんでしたが、性格的な不一致から老後は一緒に居られないとの母の判断だったそうです。

子供の養育費も必要がないので、所有している不動産(家)をどうやって分けるだけの問題でしたので、手続きは簡単なように思えましたが、結局、母と私だけではどうやって話を進めたいいのか分らないので、司法書士さんに間に入ってもらう事になりました。

父は離婚という話が具体的に進んでいる事に多少の驚きはあったのかもしれませんが、特に別れたくないとも口にしなかったので、父側は弁護士さんや司法書士さんを間に入れる事もなく、話は比較的スムーズに進みました。

結局は母を含めて私の弟も今までの名前は名乗る事にもなりまして、不動産は父名義のままで、いづれは弟が相続する事になり、母と私が2人で家を出ることになりました。

今までしていた貯金は父と母と半分、もう時期いただける父の退職金は6対4で(6父4母)、弟が就職が決まるまでの生活費を父が全面的にみるとの条件で母がそうしたいと主張したとおりに話は進みました。

離婚届けにもすみやかに父はサインをくれたので、私は全てを見ていて最後は父が少し気の毒に感じました。

司法書士さんの話によると、こんなに円満な離婚ができるのはまれな事ですし、熟年離婚の場合は特に男性側がごねる事も多く、それでも離婚したい場合は金銭や不動産の分配でもかなりもめるとの事でしたので、本当にスムーズな離婚だったことが後になり分りました。

予め離婚相談センター(http://rikon-bengosi.tokyo/)に相談していたのも良かったのかもしれません。

また子供の養育がほぼ終わっていたので、その事も円満に離婚に繋がったのかなとも思いました。

家庭裁判所のお世話になる事もなく、離婚話が出てから全てが成立するまでに1年弱で済んだ事も、とても円満な離婚のぶるいに入るそうです。

出来れば離婚はしない方がいいと思いますが、離婚するからには円満離婚が理想だと、両親の離婚をみていて感じました。